【誰でも作れる】ツイッターの自動いいね!機能をプログラミングで自作してみた。

f:id:AKR0753:20200604194938j:plain

 

今回はタイトル通り、Rubyというプログラミング言語を使ってツイッターの自動いいね機能を作ってみたので、そのやり方を雑に紹介します。

 

てかプログラミングできんのかよって話ですが実は細々学習していました。

とはいえ別に就職してガチのプログラマーになりたいとか、そういう理由ではなくプログラミングを使って色々な作業の効率化をしたりアプリとか作ってみたいなと思ったからです。

 

あとは単純に面白い。

 

そして今回の自動いいねツールですが、別にプログラマーでなくても作れると思います。実際にコードを打つまでに乗り越えるべき作業がありますが、そこをクリアすれば後はコードもコピペでいけると思います。

 

とはいえ一応、基礎を学んでいたほうがスムーズに作れると思うので興味のある人はプロゲートというプログラミングの基礎を学べるサイトがあるのでそれをやればオーケーです。

 

そしてもう一つ1重要なのが今回の自動いいねツールを実際にツイッター上で運用するのは規約違反の対象になるようなので自己責任でお願いします。

 

 

ツイッターの自動いいね!機能の作成手順

 

では早速紹介します。

 

ちなみに使用する言語は「Ruby」というやつです。

事細かに紹介するとかなり時間がかかるし、調べれば分かる部分は省略します。

 

手順は以下の通りです。

 

  • ツイッターAPIキーの取得
  • 開発環境の構築
  • 開発環境を開いてコードを書く
  • プログラムの実装

 

ツイッターAPIキーの取得

実際に自分の開発環境上でツイッタープログラムの変更や操作を行うためにAPIというキーを取得する必要があります。

このキーを取得することで長ったらしいプログラムを省略して書くことができます。

取得の仕方は下の記事を参考にすれば可能です。

ちなみにAPIキーは他人に教えてしまうとアカウントを乗っ取ることが可能なのでくれぐれも漏らさないよにしてください。

www.itti.jp

 

開発環境の構築

開発環境の構築は一番大変な作業ですが、AWSクラウド9というやつが簡単に開発環境を立ち上げられるので便利です。

AWSクラウド9の立ち上げ方は以下を参考にそうぞ。

26gram.com

 

開発環境を開いてコードを書く

APIキーを取得して、環境構築ができたら早速コードを書いていきます。

下のサイトを参考にどうぞ。

note.com

 

プログラムの実装

コードを書き終えたら、最後にターミナルで実際にプログラムを実装します。

プログラム実行後、ツイッタープロフィールの自分のいいね欄を見ると指定したキーワードといいね数がされていることを確認できるはずです。

↓参考サイト

note.com

 

最後に

 

かなり雑に紹介しましたが、こんな感じです。

 

最初にも言ったようにこのようなツールを使ってイイねをするのは規約違反なので自己責任でお願いします。

 

そんな感じで以上!