オタクマン

田舎暮らし崖っぷちニートの雑記ブログ

イーロンマスク氏が人間の脳と機械を繋げるニューラリンクを発表!我々の未来の姿はサイボーグか?!

 

トランスヒューマニズム: 人間強化の欲望から不死の夢まで

 

今朝こんな記事を見た 

headlines.yahoo.co.jp


アメリカの実業家イーロンマスク氏が脳コンピューターインターフェース「ニューラリンク」を発表した

 

ニューラリンクとは人間の脳とコンピュータを繋げるという恐ろしい技術のことだ!

 

このニューラリンクという事業については前々から知ってはいたのだが大きく取り上げられたのは今回は初めてではなかろうか?

 

正直私はこれを見た時、恐怖を感じながらも物凄くワクワクした

 

遂に来たかと…

 

ついに人類はここまでのレベルにきてしまったのだなと…

 

人間とコンピュータが繋がる…

正にSFで描かれていたようなことが現実になろうとしているのだ

 

この技術が完全なものにまで進化すれば、

人間は言葉を介すことなく脳の中だけで会話をしたり遠くにいる人にテレパシーなどで情報を交換することが可能だろう

 

スマホなど使わなくても脳内でSNSを繰り広げることもできる

五感を全てコンピュータの中に反映することで完全没入型のバーチャルリアリティも可能になるかもしれない

 

正に夢のような可能性を秘めた新技術が発表されたのだ!

 

これからは我々が到底理解の及ばないような未来が待ち受けているのかもしれない

こんな素晴らしい時代に生きることができて本当に嬉しく思っている

 

そこで今回は人工知能、物理学、情報分野において完全ど素人な私がテクノロジーによって待ち受けるこれからの未来を勝手に考察していきたいと思う

 

 

このニューラリンクを開発したのはAIによるシンギュラリティを恐れたから

f:id:AKR0753:20190502180114j:plain

 

シンギュラリティとは2045年に起こるとされていて機械が人間の能力を完全に超えてしまう地点のことを言います

 

よく人工知能が人間を超えて仕事を奪ったり人間を抹殺し始めるなどの嘘か真か分からないような情報が流れているが、

実はイーロンマスクや今は亡き物理学者のスティーブンホーキング博士もこのシンギュラリティについて言及している

 

このままAIの進化が続けいてしまえば人間と機械の立場は逆転してしまい全く太刀打ちできない状態になってしまう可能性が高いと

 

ならば人間を機械化で強化してしまえば太刀打ちできるじゃん!という何ともアニメ的な発想で考案されたのがこのニューラリンクなどの新技術だ

 

さすが天才は考えることが違う。やはりそのような常識外れな発想ができるから天才なのであろう

 

まあ現時点ではさすがにそのような高レベルな技術は難しいので医療の分野での活用から始まり進化させていくようだ

 

機械が人間を超えるなど現時点では信じ難いことだが今も10年前の技術と比べればかなり高くなっていると言えるだろう

 

今から10年、20年先のことを考えればもしかしたらありえるのかもしれない

 

そして、私が好きな書籍で「シンギュラリティは近い」という本があるのだが是非見てみてほしい

これを見れば如何にこの話しが現実として起こりえる可能性があるか理解できるはずだ!

これは未来学者のレイ・カーツワイル氏がシンギュラリティが起こるまでをAI、遺伝子、情報技術などの観点から考察した本となっている

 

なぜ人工知能が人間を超えてしまうのか?そして人類が機械化していく過程などが科学的根拠を用いて解説されている

恐らくこの一冊に目を通せば世の中の考え方や見方が変わるかもしれない

 

カーツワイル氏は現代の技術をいくつも言い当てていることからこのシンギュラリティ理論はかなり信憑性の高いものとなっている

 

人工知能の分野に興味のある方は面白いのでかなりおすすめだ

 

 

人類機械化計画「トランスヒューマニズム」とは?

トランスヒューマニズムとは人類を機械化させることで脆弱な生身の肉体から解放され、いつまでも健康で強く知能に優れた身体に改造することを言います

 

つまり人間をサイボーグにすることです

f:id:AKR0753:20190505161639j:plain

 

アニメ的でおとぎ話のように聞こえるかもしれませんが実はそんなことはなく、この計画は着実に進行しています

 

何故ならこの発表されたニューラリンクもそのトランスヒューマニズムの一つだからです 

 

まだ国内には浸透してはいませんがニューラリンクだけではなくマイクロチップを身体に埋め込むような人達は海外で既に存在しているのです

 

彼らは家の施錠や車のエンジン、支払いなどの全てをマイクロチップが埋め込まれた手をかざすだけで行うというから驚きです

 

これからはナノマシンなどの極小の機械を身体の中に挿入してタブレットなどで身体の健康状態を確認したり治療を行うことが可能になると予想されています

 

いやはや本当に実現するならば、恐ろしすぎる技術ばかりだが個人的にはかなり期待している

 

最後にこのトランスヒューマニズムについてとても面白く説明されているYouTuberの方がいるので是非見て頂きたい

 


トランスヒューマニズムの世界とは!?

 

トランスヒューマニズムはかなり夢のある技術だ

病気に悩まされることも知能による劣等感も抱くことはない

現実が嫌ならば自分が構築した仮想空間で過ごすことも可能だ

 

現実世界はストレスが多すぎる…一刻も早くこの技術が完成することを願うばかりだ

 

最後に|ニューラリンクは人類進化の革命的技術だ!

というわけで今回のニュースはちょっと衝撃的でしたね。

 

脳にマイクロチップを挿入するなんて今では恐怖しかありませんが、もしかしたら近い将来マイクロチップを挿入していることなんて当たり前になっているかもしれません

 

スマホやインターネットが流行るのに時間がかかったように着実に私達は機械化の道へと足を進めているのです

 

猿から人間へと進化してきた私達の次に待ち受ける未来はサイボーグのような機械化した姿かもしれない。そしてその先は…

 

まあ大げさに言ってしまいましたが今回のこのイーロンマスクの功績は偉大であり、これからの医療の分野に革命が起きるほどですね

 

是非、この技術が認知症や脳の障害に苦しむ人の救いの手となることを願っている

 

そんな感じでおわり