オタクマン

田舎暮らし崖っぷちニートの雑記ブログ

腹筋を毎日鍛えるのは問題ないのか?問題が起きる場合もあります

 

Amade メンズ Tシャツ 半袖 筋肉柄 裸の男 3Dプリント 立体 派手 面白 コスプレ 余興 イベント衣装 スリム ふざけTシャツJP069-A1-3L

 

「腹筋て毎日やっていいのかな?」

「正しい頻度ってあるの?」

「腹筋は1日置きがベストというけど本当?」

 

筋肉は筋トレにより筋線維が損傷したものを超回復させることで筋肉が更に発達していくという仕組みなのでそういった疑問をお持ちの方は多いと思います

 

いきなり結論から言ってしまうと「腹筋は毎日やってもいい」です!問題は特にないと思います

ただし筋肉痛がキツすぎる場合はやめておきましょう!その場合は問題が起きる可能性が高いです!というのが私の考えです!

 

その理由についてこれから語っていきたいと思います

 

因みに私は体脂肪22%代の軽肥満状態から1ヶ月で17%代まで減少させることに成功しました!

因みに腹筋も少しずつ割れ始めています

↓【1日目】

f:id:AKR0753:20190823005606j:image

↓【30日後】
f:id:AKR0753:20190823005609j:image

 

そんな自身の経験も交えながら腹筋を毎日しても問題ない理由について話していきたいと思います!

なぜ腹筋を毎日しても問題ないのか?

これは私の経験になってしまいますが私自身が実際にほぼ毎日腹筋をやっていたからです!

 

週に2日は休みを入れていましたが休みの日でも腹筋と腕立てだけはやっていました!

腹筋くらいでは体もキツくなかったし習慣になっていたので無意識にやっていたという表現が正しいでしょうか?

 

しかし休みの日は一応ハードにはやらずにいつもの腹筋トレーニングの半分くらいの回数で行なっていました。程よく腹筋に疲れが感じる程度ですね

 

それと筋肉痛が酷く本当に疲労などを感じている場合は無理してやるのは逆効果なので大人しく休んだ方がいいと思います

実際に私も筋トレ始めたてのころは腹筋などの筋肉痛が酷い場合は無理せずに休んでいましたね

 

以上のことをやっていたら私の腹筋はどんどん見えてくるようになりました!

 

私の意見をまとめると

  • 筋肉痛が酷くない場合は毎日やっても問題なし
  • ただし休みの日の腹筋は軽めにやる
  • 最初のころは無理のない回数で行う

以上のことに注意すれば腹筋は毎日してもいいのではないでしょうか?

 

他の意見も調べてみました!

とは言え私だけの情報では信憑性に欠けると思ったので他の情報についても調べてみました 

「腹筋 毎日 」のキーワードでの上位記事

「腹筋 」「毎日 」のキーワードで出てきた1番上の記事がこちら!

smartlog.jp

筋トレに特化しているようなサイトなのでかなり信憑性は高めですね! 

 

ここに記載されていたことをまとめると以下です!

  • 正しいやり方で腹筋を行なっている場合には毎日鍛えてもOK
  • 筋肉痛発症時は腹筋を控える

この2点が腹筋を毎日してもいい条件だそうです!

 

やはり筋肉痛発症時は控えるのが正しいみたいですね!正しいフォームで実践するというのも納得です!

ツイッターでの意見

次にツイッターでの意見も調べてみました!一般の人たちのリアルな生の意見なのでこちらも参考になりそうですね!

 

 

 やはりツイッターにおいても毎日の腹筋は特に問題なしという意見が多いようです!

チャンネル登録者40万人越え筋トレYouTuberの意見


L.Aにある高級高層マンションの生活を紹介【専用ジム/プール/BBQスペースetc..】

私の憧れ的存在でもあるオシャレ系筋トレYouTuberのメトロンブログさんの腹筋に対する考えも調べてみました!

 

メトロンブログさんは「筋肉痛が酷ければやらない!」「大丈夫なら毎日やってもいい」とのことです!

あくまで自分の体と相談して筋トレしましょうというのがメトロンブログさんの意見でした!

 

というわけで自分の経験も交えながら全ての意見をまとめると

  • 体がキツかったり筋肉痛が酷ければ無理して腹筋はしない!
  • 特に体の負担を感じなければ毎日やってもいい!

というのが冒頭でもお伝えした通りの結論になります!

 

自分が筋トレをやってきた経験からしてもやはりこの答えが1番しっくりくる感じがしますね!

自宅で可能な効率的に腹筋を鍛えるトレーニング

因みにいつも自分がやっている腹筋トレーニングはこんな感じです!

【普段】

  • 腹筋ローラー30×3
  • クランチ(普通の腹筋)50×2
  • レッグレイズ30×2
  • V字クランチ20×2

【休息日(余裕のある時)】

  • 腹筋ローラー30×3

【2日に1回】

下のトレーニングはメトロンブログさんが推奨していた腹筋トレーニングです!めちゃくちゃ効くので是非参考にしてください! 

www.otaku-man.com

 トレーニングを1ヶ月間続けた結果はこちらです!

www.otaku-man.com

 腹筋も割れ始めて変化しているのがわかりますね!腹筋を割りたい方は是非ご参考ください

腹筋を効率よく割るために必要なアイテム

そして腹筋を継続してやるためにも最低限必要なアイテムを紹介します!

腹筋ローラー

 腹筋ローラーは効果がないという方もいますが、自分の経験からはっきり言いますとめちゃくちゃ効果あります!

恐らく効果がないという方は正しいフォームでやれていないのではないでしょうか?YouTubeなどで調べれば正しいやり方が載っているのでそれを見ればOKです!

この腹筋ローラーはコスパ最強の上に丈夫なのでめちゃお買い得です!

ヨガマット

 こちらも腹筋ローラーやクランチをやる際に膝や背中を痛めてしまう可能性があるので必須アイテムになります!

怪我をしてしまうリスクを避けるためにも必ず取り入れておくことをオススメします!

 シットアップベンチ

 シットアップベンチは無くてもトレーニングはできますが、あるとかなり便利です!

足を固定することができるので腹筋運動をする際の効率化を高めることが可能なアイテム!

また腹筋だけではなく背筋や他の部位のトレーニングにも利用できるので取り入れて損はないアイテムです!

平面でフラットなタイプが標準的で使いやすいのでオススメです!

 プロテイン

 こちらも必須アイテムですね!いくら筋トレで腹筋を鍛えたとしても筋肉の源であるタンパク質を摂取しなければ理想の腹筋を手に入れることはできません

こちらのプロテインは3キロで5000以下という超コスパ最強ホエイプロテインです!他のメーカーだと1キロで5000以上はザラなのでかなりお得!

味も薄い牛乳という感じで飲みづらさは個人的に感じないですね!甘すぎるのが苦手な人には最適です!

 

甘い方が飲みやすい!という方はこちらがオススメ!

こちらも同じホエイプロテインになります!1キロほどですが価格も安いので他のメーカーと比べてコスパがいい商品です!

味はイチゴミルク味になります!個人的にはとても飲みやすかったですね^_^

腹筋を最速でバキバキにするおすすめのHMBサプリメント

HMBは筋筋肉の合成を促す効果と筋肉の分解を防ぐ効果があります!つまりプロテインと併用して飲むことで最速で筋肉の合成を促進させることが可能です!

理想の腹筋を最速で手に入れたい方は必ず飲んでおきたいサプリです!

 

ということで私が全力でおすすめするのがこのHMBサプリメントです!

鍛神(きたしん)HMBサプリメント

価格:500円(初回限定価格)

内容量:180粒(1ヶ月分)

特典:30日間返品保障

実績:楽天ランキング1位、Yahooショッピング1位

 なんとこちらのサプリは初回キャンペーン500円で試せる最強のHMBサプリメントです!しかも30日間全額返金保障まで付いているので安心してご使用頂けます!

更に価格や特典が凄いだけではなく成分自体も2000mgもHMBがたっぷり配合されています!

他のメーカーのHMBサプリは良くて1600〜1800mgほどしか配合されていないので鍛神はかなり配合されていることがわかりますね!

またHMBだけではなくBCAAも配合されていることから更に筋肉がつきやすいカラダを作ることが可能となっているサプリです!

タレントの金子賢さんも実際にこちらの鍛神を使ってバキバキのカラダを手に入れたそうです!

たった500円でバキバキのカラダを手に入れられるなら試してみない手はないですね!

初回限定キャンペーンはいつ終了するか分かりませんので気になる方は是非公式サイトで詳細をご覧ください!

 

鍛神公式サイト

公式サイトで詳細を見る

まとめ

はい、というわけで以上になります

 

まあ色々と紹介してきましたが一応、最後にまとめておきます

  • 腹筋は毎日やってもOK!
  • しかし筋肉痛や疲労がある場合は控える
  • 腹筋を毎日やるために正しいトレーニングを行う
  • 腹筋を毎日やるための最低限のアイテムを揃える
  • HMBサプリメントで更に腹筋をつける

以上が本記事のまとめになります

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

少しでも参考になれば幸いです

こんな記事もあります

www.otaku-man.com

www.otaku-man.com

www.otaku-man.com