オタクマン

田舎暮らし崖っぷちニートの雑記ブログ

継続は力なりは本当なのか?経験から語る。

 

f:id:AKR0753:20190607183250j:plain

 

よく継続は力なりとか言うけどさ!それって只の励ましの言葉じゃないの?

 

ブログでも何でもそうだと思いますがその道の成功者はよく継続こそが成功の近道だ!なんて言うと思います。

 

 

ですがそれって本当でしょうか?

そんな事は成功した人だから言えるんでしょ?

継続とか関係なしに才能とか運とかもあるんじゃないの?

 

と思う人もいるかもしれません。

 

 

確かに才能や運もかなり重要な要素だと思います。しかしだからといって継続は力なりが嘘だとも言えないと思うんですよね。

 

 

なぜそうなのかと言うとこれは自分のある経験から思うことなのですが実は学生の頃ある個人競技で

 

 

全国3位まで上り詰めたことがあります。

※特定が怖いので詳しい競技名は伏せます。

 

 

そして更に自分に特別才能があってそのような結果を出せた訳ではありません。

 

何故ならそうなるまでに高校、大学を合わせての7年間もかかっているからです(^_^;)

 

しかもそれまでの私の実績は全ての大会で県予選で敗退…

我ながら自分の才能の無さに絶望したものです。

 

 

自分を変えたくて始めて、本気で打ち込んでいるものだったのでいくら頑張っても結果に繋がらない自分が情けなくて悔しくてここだけの話し一人で泣いたこともあります。

 

 

正直何度も辞めようかと思いましたがここまで続けてきたのもあるし、ありがたいことに応援してくださる人もいたので最後まで諦めずに続けました。

 

 

その結果、大学生の最後の年に県予選優勝→関東優勝→全国に出場し3位になることができました。

 

優勝という最高の結果とまではいきませんでしたが今まで初戦敗退を続けてきた自分がこのような結果を出せたのは奇跡に近く感じました。

 

色々な人から続けろと言われましたが何か最後の最後で燃え尽きてしまって大学を卒業と同時に辞めてしまいました。

 

今でもこの経験はかなり自分の自信にもなっていますし、途中で辞めずに最後までやり切って本当に良かったなと思っています。

 

そして6年も全く成果が出ずに何故最後の一年でいきなりブレイクスルーしたのかと言うと圧倒的に頭で考えるようになったからだと思います。

 

それまでの自分はただ闇雲に誰よりも練習すれば勝てるようになるんじゃないかとガムシャラな努力を続けていました。

 

しかしその結果として返ってきたのは初戦敗退という辛い現実。

 

まさにただひたすらと継続だけしているという状態でした。

 

今思えばそれで勝てるはずありませんよね?継続してガムシャラに努力するなんて誰でもできますもんね。

その中で頭で考えて、どういう練習をすれば効率がいいのか?どのような戦略で臨めばいいのか?なぜ敗けたのか?自分の勝ちパターンは?などを考えているような人に勝てる筈がありません。

 

自分はそのようなことに気づくのが遅すぎたので6年もかかってしまったのかと思います。

 

まぁあまり自分語りは好きじゃないですし、これ以上語ってしまって特定されるのも怖いのでこの辺にしておきます(^^;;

 

まあそんな過去の経験もありまして、よく励ましの言葉として使われる継続は力なりもあながち間違った理論ではないかなと思います!

 

1万時間の法則ってやつもあるし!

 

僕の場合は1万時間以上かかってますがね!笑

 

 

と言うわけで継続は力なりは本当だよ!でもただ継続するだけでは駄目かもね!って話しでした〜☆

 

 

さいなら!笑